FC2ブログ

出荷調整前の修理

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ「OTOBATON」
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日はスタッフは総社市のお客様に良い音をお届けに!
私は、納品前のピアノの最終調整です!


「修理」 「出荷調整」
新品ピアノの場合はいわゆる「出荷調整」となりますが、中古ピアノの場合はまず「修理」からスタートします。

その修理の中で、特に昔のY社のピアノに多く見られるのが「フレンジコード」という部品の断線。
断線というよりほぼ腐食してしまっていることも多いのですが・・・。

文字での説明、なかなか難しくわかりにくいかもしれませんがご了承ください(^_^;

これは修理後の写真、緑色の部分が貼り替えたフレンジコードです。
DSCF4774_convert_2013033100.jpg

こちらは修理前、茶色く変色して切れているのがわかるかと思います。
DSCF4753_convert_2013033100.jpg


このフレンジコードが切れていると鍵盤を弾いたときのハンマーのコントロールが出来なくなり、特にピアニシモで弾いたときに思うような音量コントロールが出来なくなります。

また、そのコードが切れることにより、コードで止めてあるスプリングが跳ね上がり、奥の部品にあたってカチャカチャと雑音をだすケースもあります。

いずれにしても、ピアノの部品に不必要なものはないわけで、交換するしか方法はありません。


一枚目の写真でわかりますでしょうか?

フレンジコードはフレンジという部品についていて、これはネジによってセンターレールに取り付けられています。
フレンジにはバットという部品がついていて、これに弦を叩くハンマーという部品がついています。

交換方法も技術者によって違うようです。
フレンジを残してバットだけを外し修理する人。
フレンジごと外して修理をする人。

弊社では「フレンジごと外して修理」を行います。

デメリットとしてはハンマーも外すため弦にまたきちんと合うように調整も必要になってきますが、逆に言えばそれをするということはより細かな調整もすることになります。

ハンマーについた弦溝も綺麗にファイリングしてから行いますので、音色もより良くなります。
全体をばらすので、細かな掃除も出来ますしね。

DSCF4764_convert_20130331004342.jpg


一つ一つ丁寧に取付、その後調整に。
IMG_4118.jpg

一台一台良い音を目指して調整を行っています。
このピアノも出荷が決まっていて、今日で調整完了!
あとはお待ちいただいているお客様宅へお届けです^^

IMG_4187.jpg



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

ピアノがネズミの家に・・・

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は岡山市から備前市、和気郡、瀬戸内市のお客様に良い音をお届けに!


最近減ってきましたが、たまにお目にかかるのがこれ!

「ピアノがネズミの家に・・・」

普通は鍵盤の下のスペースに巣をつくって、そこを拠点に夜な夜なペダルの穴から出入りします。
しかし、今回のネズミは堂々と鍵盤の上に巣を作っていました。
IMG_4036.jpg

鍵盤の横、下パネルをあけると昔入れられていた乾燥剤の袋も無残に・・・
IMG_4090.jpg

IMG_4037.jpg

長い間ピアノを弾いていなくて見てみたら鍵盤が上がらないところが数カ所・・・
音も出ない・・・

見に行ってみたらこの状態です。

※かきあつめたわけではなく、ピアノを開けたらこの状態でした

ネズミが入ってピアノの中を荒らすことはたまにあります。
最近の家ではネズミが出ること自体が少なくっていますが、何年かに一度はこういうピアノに出会います。


ネズミがどこから入るか。

ペダルの穴からなんです。

ピアノのペダルは踏んだときに下に下がるために、下に隙間があります。そこから入るんですよね。

最近はネズミ被害がほとんどなくなりましたが、昔はよくあったため、ペダルの下に穴を塞ぐ小さな板が取り付けてあったり、ペダルの置くにマウスガードと呼ばれる覆いが付けられていた時代もあります。

ピアノの部品は木やフェルトが多く使われていて、木はかじられ、フェルトは食いちぎり巣にします。
勿論修理することは可能ですが、被害状況によってはかなり高額になる場合もあります。
ネズミの被害は希ですが、そこまでならなくても、湿気による故障や虫害はよくあります。

弾かなくなったピアノの場合毎年の調律は負担かもしれません。
ただ音を合わせるだけでなく、ピアノの中のチェックという健康診断も行いますので、弾かなくてもせめて2、3年に一度は調律をオススメします。



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

ディアパソン入荷しました!

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は岡山市、赤磐市のお客様に良い音をお届けに!


「和製ベヒシュタイン」

と称されることのあるディアパソン

昨年モデルチェンジが行われ、新しくなったモデルが2台入荷しました。

搬入は喜多商事様
手際よくさすがの作業でした!

IMG_4563.jpg

まずグランドピアノはDG-183
国産で唯一「一本張り」の張弦方式のとられた人気モデル。

そしてアップライトピアノはDU-128
木製アクション搭載できれいなウォルナット艶出し塗装。

IMG_4565.jpg


これからじっくりと整調、調律を行います。
なので、今はまだぐちゃぐちゃ(笑)

IMG_4567.jpg


調整完了後は「ディアパソンフェア」を開催予定です。

お披露目まで今しばらくおまちください!



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

ベヒシュタインのお届け

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は倉敷市、総社市のお客様に良い音をお届けに!


世界の名器「ベヒシュタイン」

ウィキペディアには
「ピアノのストラディバリウス」と呼ばれるほどの名器で、最高のピアノの代名詞である。
とあり、ドビュッシーが「ピアノ音楽はベヒシュタインのためだけに書かれるべきだ」との言葉を残したほどの名器です。

そのベヒシュタインの最高峰シリーズのグランドピアノL-167を昨日お届けさせていただきました。
L-167はご家庭向きのサイズでありながら、これ以上必要なものはおそらくないであろうというクオリティの高い逸品です。

その中でも、今回ご購入いただいたピアノは限定10台の「アーティスト・シグネチャーエディション」
録音やコンサート活動にベヒシュタインピアノを使用している著名アーティストのサインをコレクションした記念プレート付のモデルです。


アップライトピアノと違い、グランドピアノはお届け先で組み立てるため、何度経験しても緊張します。

IMG_4167.jpg

IMG_4168.jpg

手際よく組立も終わり設置完了です。

IMG_4170.jpg

まさに王者の風格といったところでしょうか。


こちらが側板内側に付けられた記念プレート
<サインアーティスト>
ミッシェル・ダルベルト/アブデル・ラーマン・エル=バシャ/イヴ・アンリ
シプリアン・カツァリス/コンスタンチン・リフシッシ/福間洸太朗/矢野顕子

IMG_4072.jpg

そして、この「アーティスト・シグネチャーエディション」のご購入記念としてのプレゼントが「ベルリン王立磁器製陶所(KPM)」で制作された同アーティストサイン入りのクマのフィギュアです。

IMG_4078.jpg

これからお客様との長いお付き合いがスタートです。
ベヒシュタインがいつまでもそのベヒシュタインであり続けるために・・・

これからしっかりとメンテナンスをさせていただきます。




◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

営業トーク

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は倉敷市のお客様に良い音をお届けに!


今日のテーマは「営業トーク」


私自身が何かを買おうとしてお店に行った時、店員さんの説明に対して「なるほど~」と思いながらもどこかに「これを売りたいための営業トークかな」って思う自分がいます。

ということは、当社にご来店いただいた方も、訪問してお話しさせていただくときも、私の説明に対してそう感じられている方がいるのかもしれません。

どこまで本当のことを伝えられるか、わかっていただけるか・・・とても難しいですね

IMG_4126.jpg


自分自身が今まで実際に調律をしてきた経験から、どのピアノがどんな感じで、新品から年数が経つとどう変化していくか、お客様のご希望の音やタッチにどれが合うか、営業をしながらも技術者としてのスタンスで話をしてることに気づくことがあります。


そういう中で、これはやめておいた方がいいとかってものも正直あります。


でもそこで迷うのは、それを説明するべきかどうか。
説明するということでその商品の悪口を言っているようにとられないか。

まさに、自分が売りたいものを売るための話法じゃないの?って思われる心配もあります。
それこそ、お客様が気になっている商品だとなおさらです。


どんなに素晴らしいピアノでもその魅力ある点、そして逆に欠点(この場合の欠点とはお客様の好みに合わない点といったほうがいいでしょう)があります。

でも、良いことばかりをお話ししても、欠点も含めてそれが許容範囲内であれば、それ以上に素晴らしい面があれば、それはそれでいいのかなとも思います。すべてを納得して決めて頂くのがベストかな。

今はネットで簡単に何でも調べることができます。
でも、怖いのは・・・ネットに書かれていることはすべてが本当の事ばかりではないということです。

世界三大メーカーの一つ、スタインウェイ、ベヒシュタインでさえ、好きと言う人もいれば、嫌いと言う人もいます。ヤマハであってもカワイであってもそうです。

一つのメーカだけが良くてあとはダメということはありえません。
どのメーカにも魅力ある点はあります。それが音なのか、タッチなのか、価格なのか、外装のデザインなのか、ブランドなのか・・・。


すべてのお客様に対して100%満足していただけるものを提供できるのが理想です。

ただ、良い面も悪い面もお伝えして、その中で一生満足して使って頂けるピアノを、いつまでも気持ちよく弾いていただけるピアノをお届けしていきたいです。

だからやっぱり「営業」ではなく「調律師」としてのスタンスでのご説明になるんですよね~。



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/