FC2ブログ

OTOBATONプロジェクト

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取、音のバトンタッチ「OTOBATON」
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

昨日は広島県から島根県浜田市のお客様に良い音をお届けに!
広島は弊社のお客様が多くいらっしゃり、そのほとんどがベヒシュタインユーザー様です。

中国地方では一番人口の多い広島ですが、ベヒシュタインの正規代理店がありません。
そのため、となりの岡山県の弊社にてベヒシュタインをご購入いただき、その後の調律で年に何度もお伺いしています。

いわゆる調律の「やり方」が違うわけではありませんが、ピアノの音色やタッチは調律師によって変わります。
普通の調律師がベヒシュタインを調律しても「音程」としては問題ないかもしれませんが、「ベヒシュタインの音やタッチ」を求めればそれはベヒシュタインを知った調律師でないと再現できない部分です。

ピアノファクトリーはベヒシュタイン正規代理店であり、「ベヒシュタインジャパン認定調律技術師」のいる店です。
ベヒシュタインのお求めはお気軽に弊社までお問い合わせください!


そして、本日のタイトルについてですが・・・
「OTOBATONプロジェクト」

OTOBATON(オトバトン)とは、
使われなくなったピアノを処分してしまうのではなく、再生してまた使って頂ける方へお渡しする「音のバトンタッチ」です。

ピアノの買取広告ってよく見ますが、「高価買い取り!」「どこよりも高く買い取ります!」ってうたい文句の広告ばっかりですよね。
ピアノは単なるモノではありません。想い出のある大切なピアノを当社ならではの丁寧な手入れ、調整を行い、「良い音」を待っている方にお客様の大切にしてきたピアノをバトンタッチさせていただきます。
もちろん可能な限り高く買い取らせていただきます。
IMG_5293.jpg

IMG_5292.jpg


そしてここが今回のプロジェクトのポイントなのですが、今回は遺品整理の専門家岡山のココピア様との協力プロジェクトです。
先日会社にお邪魔し、藤原社長様とお話をさせていただきました!
S__53452816_1.jpg

弊社で買取のご相談を頂くときに「今は住んでいない実家にあるピアノを見て欲しい」とご連絡をいただく事があります。
想い出のあるピアノをただ処分するのは忍びない、かといってどこかわからない業者に買い取ってもらうのも不安。
ココピア様は遺品整理はもちろん、生前整理や空き屋整理などのプロフェッショナル!
お客様の想い出を大切に心を込めた買取をさせていただきます。

実際にフリーダイヤルの買取広告でも実際の業者は県外のどこかっていうのはよくある話。
ピアノファクトリーは技術の店として岡山で30年の歴史を誇る専門店です。ぜひ弊社にお任せください。

また、あなたの「片付けたい」を叶えます!というキャッチフレーズのココピア様のホームページも是非ご覧ください!
>>>ココピア様



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆youtube
ピアノファクトリーのyoutubeチャンネル「pianofactoryVideo」
いろいろな動画をアップしていきます。
チャンネル登録を宜しくお願いします。
https://www.youtube.com/user/pianofactoryVideo?feature=watch

◆LINE公式アカウント
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

アトラスピアノってご存じ?

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ「OTOBATON」
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は、岡山市、赤磐市、そして和気郡のお客様へ良い音をお届けに!

ピアノのブランド、ほとんどの方はヤマハとカワイくらいしかご存じないかもしれません。
ただ、多い時は軽く100を越えるブランドが存在していました。

「アトラスピアノ」

現在では存在していないメーカーですが、一時はヤマハ、カワイに次ぐメーカーでもありました。
特に弊社のある岡山県、中国地方ではこのアトラスの販売拠点が広島にあったこともあり、数多くのアトラスピアノが納入されています。

また当時アトラスピアノは「国立音楽大学指定工場」という肩書きもありました。

アトラスピアノのロゴマークと国立音楽大学の校章・・・中央の文字が「Atras」か「大」かの違いです。


アトラスピアノのロゴ
IMG_4194.jpg



国立音楽大学の校章
384fda1b6811ae1d3b750a286ad.jpg


そして、アトラスって名前ですが、アトラスとはギリシャ神話に出てくる天地を支える神。
また壮大な名前を付けたものです^^


でもこのアトラス、結構人気もあったんですよね。
弊社のお客様にもアトラスピアノをお持ちの方は多くいらっしゃいます。

天地を支える神の名を持ち、国立音楽大学とも縁のあるアトラスピアノ。

いつまでも良い音を奏でてもらいたいものです。


◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

ピアノがネズミの家に・・・

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は岡山市から備前市、和気郡、瀬戸内市のお客様に良い音をお届けに!


最近減ってきましたが、たまにお目にかかるのがこれ!

「ピアノがネズミの家に・・・」

普通は鍵盤の下のスペースに巣をつくって、そこを拠点に夜な夜なペダルの穴から出入りします。
しかし、今回のネズミは堂々と鍵盤の上に巣を作っていました。
IMG_4036.jpg

鍵盤の横、下パネルをあけると昔入れられていた乾燥剤の袋も無残に・・・
IMG_4090.jpg

IMG_4037.jpg

長い間ピアノを弾いていなくて見てみたら鍵盤が上がらないところが数カ所・・・
音も出ない・・・

見に行ってみたらこの状態です。

※かきあつめたわけではなく、ピアノを開けたらこの状態でした

ネズミが入ってピアノの中を荒らすことはたまにあります。
最近の家ではネズミが出ること自体が少なくっていますが、何年かに一度はこういうピアノに出会います。


ネズミがどこから入るか。

ペダルの穴からなんです。

ピアノのペダルは踏んだときに下に下がるために、下に隙間があります。そこから入るんですよね。

最近はネズミ被害がほとんどなくなりましたが、昔はよくあったため、ペダルの下に穴を塞ぐ小さな板が取り付けてあったり、ペダルの置くにマウスガードと呼ばれる覆いが付けられていた時代もあります。

ピアノの部品は木やフェルトが多く使われていて、木はかじられ、フェルトは食いちぎり巣にします。
勿論修理することは可能ですが、被害状況によってはかなり高額になる場合もあります。
ネズミの被害は希ですが、そこまでならなくても、湿気による故障や虫害はよくあります。

弾かなくなったピアノの場合毎年の調律は負担かもしれません。
ただ音を合わせるだけでなく、ピアノの中のチェックという健康診断も行いますので、弾かなくてもせめて2、3年に一度は調律をオススメします。



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

身近な疑問。左右非対称なこの印って?

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は和気、瀬戸内市、そして岡山市のお客様に良い音をお届けに!


先日お伺いしたお客様からの質問

「この印ってなに?左右対称じゃないし・・・」


電子チューナーをお持ちの方は一度見ていただきたいのですが、ディスプレイの真ん中の位置から左右に小さな▼マークがあると思います。(物によってはこの印のないものもあります)
しかもよく見ると左右対称の位置ではなく、右側の方がすこし離れています。(画像の赤○の印)


5年ほど前に一度これについてブログを書きましたが、改めて。


これは何なのか?!
20150208125447_201502081306.jpg



知ってる人は当たり前のようなことですが、案外知らない人の方が多いのではないでしょうか?

これは調律法の違い「平均律」と「純正律」の違いです。
それぞれを専門的に説明をするとなると非常にややこしくなりますので、ここでは簡単に。


まず「平均律」はピアノで使用される調律法で、1オクターブを均等に12等分して音階をつくっています。

メリットとしてはどの調で演奏しても和音に同じ響きが得られますが、デメリットは逆にどの調で弾いても和音が汚く聞こえます(普段ピアノの音になれているためあまりそうは聞こえませんが)


それに比べ純正律は和音が美しく響くのですが、調を変えるたびに調律をやり直さないといけないため、ピアノのように調律が大変な楽器には向いていません。

その都度演奏者が変えることの出来るバイオリンやトランペットなど合奏で使用されます。


同じ音、オクターブの音はそれぞれ同じなのですが、大きくずれてしまうのが長3度(例:ド-ミ)と短3度(例:ド-ミ♭)です。

純正長3度は平均律のそれとくらべ13.69セント低くなり、短3度は逆に15.64セント高くなります。(1セントとは、半音の1/100)

それを合わせるための印が▼なんです。

チューナーは基本平均律で合わせるようになっていますので、純正の長3度を合わせる場合は左側の▼、短3度を合わせる場合は右側の▼を目印にするってことです。


ピアノに関しての身近な疑問がありましたら、なんでも聞いてくださいね!

わかることはお応えします(笑)



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

ピアノにも厳しい季節

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は岡山市のお客様に良い音をお届けに!


寒いのか暑いのか・・・どっちなんだ?!


今年は今のところあきらかに暖冬ですよね。

かといって朝晩は寒かったりしますし、寒暖差が激しく体調に気をつかいます。


ピアノも同じ

この寒暖差の影響を受けやすいんです。


湿気に関しては最近も何度かブログに書きましたが、その原因にもなるのが温度変化です。

冬だから空気が乾燥してるって思いがちですが、寒いお部屋を暖房で一気に暖める。
夏だとその逆。

暖まった空気が冷たい外気に冷やされた窓に触れるところで結露になります。

ピアノの中も同じことが起こるんです。


乾燥を気にして、加湿器を設置するのは良いと思います。

ただ、蒸気の向きには気をつけてくださいね。ピアノには向けないように、出来るだけ離した場所で使用してください。

e0e4d7503bada7a7ea404ee6df99bb8c_s_convert_20191218184452.jpg


フレームや弦など冷たい部分に暖まった空気が冷やされ、そこに結露ができます。

そこからサビへ。


また、ピアノの設置場所も関係してきます。

外に面した壁にピアノを置いている場合、外気の影響を受けやすくなります。


湿度を気にするのはもちろんですが、その原因にもなる温度変化にも注意が必要です。


急激な温度変化をさけること。

そしてエアコンの風向きも直接ピアノに当たらないように。


人間でさえ体調を崩しがちになこの時期。ピアノも同じなんです。

私たちの体調と同じようにピアノも少し気にしてあげてくださいね。



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/