fc2ブログ

「必読!」ピアノ調律にかかる費用の不安を解消、納得して任せるために

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取、音のバトンタッチ「OTOBATON」
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

――――――――――――――――――
●まず知っておきたい調律師の仕事内容
――――――――――――――――――

調律してもらったから安心!
一般的に調律師の仕事=調律ってイメージだと思います。
確かにそうですが、「調律」という作業は調律師の仕事の中の一部です。

調律師によって作業項目は違いますので、参考までに弊社の作業工程をご説明します。
定期的にお伺いしている場合と、新規でご依頼をいただいてお伺いする場合とで違いますし、一般のご家庭、公共施設、ホールなど状況で内容も変わります。

また、お客様のご要望や、その時のピアノの状態に応じて作業工程や順番、内容が変わります。
内容によっては調律料金に含まれるものもありますし、別途お見積もりをし、お客様にご納得いただいたうえで行う有料の作業もあります。

1,ピアノの状態のチェックとお客様のご要望、不満点のご確認

2,ピアノ内部の掃除
ピアノの外装を外し、鍵盤を外して内部の掃除を行います。
鍵盤の下は普段掃除ができない場所なので結構ホコリがたまっています。このホコリが湿気を吸いカビや錆、動きが悪くなる原因にもなります。

3,イージング
鍵盤がスムーズに動くように調整します。

4,整調
ピアノ内部機構「アクション」が正しく可動するように調整を行います。
弾き心地を整えることはもちろんですが、この整調作業をすることによりきれいな音を出すことができます。

5,調律
一般的に皆さんが言われる作業がこの調律です。
ピアノの音程を合わせきれいな響き、ハーモニーをつくります。

6,修理
部品の破損や摩耗がある場合は部品交換や修理作業を行います。

7,整音
すべての音の音色を整える作業です。上記の項目すべてを行った後に行います。

image_5163377_0_0_convert_20220601161107.jpg

――――――――――――――――――
●高額な費用を請求されたらどうしよう
――――――――――――――――――

「何年も調律をしていないから費用が心配」って声をよく聞きます。
確かに不安はありますよね。

高額な費用を請求されたら・・・
ピアノのことはわからないから必要のない修理まで請求されたら・・・

定価のある商品と違い、技術料は決まった価格はありません。
高いと感じるか、安いと感じるかいろいろですが、

どこまでどのレベルでやるか
ピアノに対しての不安や不満を解消できることなのか
そして、それは今必要なのかどうかの価格です。

一箇所がおかしい場合その一つだけを直せばいいのか、
他も同じ症状が出ると考えて全部直すのか、
おかしくなっている原因がその部分だけなのか、ほかの故障からの影響なのか、
そういった原因の違いで修理金額は大きく異なります。

全体が同じように摩耗なり異常があれば全鍵直す必要はありますが、たまたま一つだけであればその一つを直せば良いってこともあります。

お電話やメールでお問い合わせをいただいた場合、一般的には・・・といった説明はさせていただきますが、実際にその修理が必要かどうか、どこまで直すかはピアノを見てみないと判断はできません。

image_5163378_0_0_convert_20220601161122.jpg

―――――――――――――
●何のために直すのか?
―――――――――――――

たとえば長年使用していなかったピアノをまた使おうと思った理由はなんでしょうか?

子どもがピアノを習い始めたので実家においてあるピアノを持ってきた。
置きっぱなしだったピアノをまた趣味で弾いてみよう。

それぞれいろんな理由があると思います。

ピアノは調整が狂っていても、故障があってもとりあえず音は鳴るものです。
鳴らないほどの故障もありますが開けてみないと分からないことが多いです。

部品の交換が必要な場合、交換して終わりではなく、正しく動くか、きれいな音が出るようになるかなどの調整も必要ですので調整のレベルが価格に反映されてきます。

ただ、これも見積りの提示としては「○○交換」といった一文になってしまうんです。
お客様からすれば「○○交換してもらうための価格」の比較になってしまいますが、どこまでするかのレベルの判断は調律師次第です。修理が必要かどうかにもよりますけどね。



ピアノの内部の仕組みをほとんどの方はご存じありません。
だから、つい価格だけで判断してしまうのは仕方ないかもしれません。

壊れていれば直す、狂っていれば直すのが当然といえばそうですが、修理項目について納得のいく説明を受けてくださいね。

「どういう方がどういう目的で弾かれるのか」
「ピアノに対する不満や要望」
「そのために今すぐ必要な修理なのか、もう少し先でもいいのか」
「その修理をしなければどうなるのか」
「今絶対に必要な修理は何なのか」

そういった所も含めてご要望を調律師に伝え、そしてわからないからお任せではなく、しっかりと聞く。
素敵なピアノライフになるといいですね!



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆youtube
ピアノファクトリーのyoutubeチャンネル「ESPRIX by pianofactory」
いろいろな動画をアップしていきます。
チャンネル登録を宜しくお願いします。
https://www.youtube.com/user/pianofactoryVideo?feature=watch

◆LINE公式アカウント
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

ピアノ故障の原因と修理 ちょっと細かい話ですが^^;

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取、音のバトンタッチ「OTOBATON」
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。


ピアノの鍵盤を弾いても音が出ない・・・

いろいろな原因がありますが、その中で多いのが湿気による動作不良。
ピアノの内部には鍵盤の動きをハンマーに伝えて弦をたたく「アクション」という機構があります。
電子楽器のようにスイッチのONとOFFではなく、物理的にものが動いています。
その動く軸にあるのがセンターピンと呼ばれる小さなピン。
この部分が湿気の影響を受けると部品の動きが悪くなり、結果鍵盤の動きがハンマーに伝わらなくなって音が出ないという現象に。

これが音が出ない原因の一つ。

今回のものはハンマースティックと言い、ハンマーの根元にあるフレンジという部品が通常であればスプリングの力で指を離すと戻るのですが、湿気による動作不良で戻らなくなっています。




フレンジを外したもの・・・細いピンがセンターピンと呼ばれる部品。
外してみると錆びついています。

IMG_7498_convert_20220217152203.jpeg
IMG_7499_convert_20220217152221.jpeg

このピンを新しいものに取り換えるわけですが、センターピンは0.025mm単位でいろいろな太さがあり、細すぎるとがたつき、太すぎると動きが悪くなるため、選ぶのはジャストサイズのみ。
一つ一つの部品に合わせて太さを選んでの交換作業です。

IMG_7500_convert_20220217152234.jpeg

IMG_7503_convert_20220217152403.jpeg

スプリングの強さを計測するゲージもありますが、まあほとんどの場合指の感覚で決めていきます。
センターピン交換後、スムーズに動くようになりました。

88ある鍵盤のうち数本がこういったスティックを起こすことが多いのですが、今回はかなりの本数で異常が見られたため、88鍵すべてのセンターピンを交換しました。



調律師の仕事・・・
こうした地味な作業の積み重ねかも。

今回はハンマースティックについてですが音が出ない原因は様々です。
気になることがありましたら遠慮なくお問い合わせください!



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆youtube
ピアノファクトリーのyoutubeチャンネル「ESPRIX by pianofactory」
いろいろな動画をアップしていきます。
チャンネル登録を宜しくお願いします。
https://www.youtube.com/user/pianofactoryVideo?feature=watch

◆LINE公式アカウント
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

修理スペースの拡大

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取、音のバトンタッチ「OTOBATON」
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

今日は岡山市南区、倉敷市のお客様に良い音をお届けに!


全回のブログで少し触れましたが、作業スペースの拡大を行いました。
といっても、そんなに大げさなものではないんですけどね。

アクションなどを置いていた棚をショールーム側にだし、ピアノを中に入れられるように。
そのためショールームの一部を作業スペースとして手打ちうどんのように「見える化」しました。

「見える化」するってことは、当然見えるわけで、常に整理整頓してないといけないってことにもなります。
見えないと結構煩雑になりますしね。

ご来店いただいた時も、修理中の状況もご覧いただけますし、ピアノ内部についてもいろいろご説明させていただきます。

まだ完成ではありませんが、ほぼほぼ出来上がり!
いきなり修理も増え預かりアクションも結構いっぱいに・・・

ただ作業スペースにも余裕ができ、いままでせせこましかった(これって標準語ですよね?)スペースが広くつかえ効率アップ!
今後は修理作業などもyoutubeでまたアップしていきますね。

そして、まだ取りかかっていないのですが古~いピアノの再利用を計画中です。
これも動画でアップ予定!お楽しみに^^

IMG_5838.jpg



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆youtube
ピアノファクトリーのyoutubeチャンネル「pianofactoryVideo」
いろいろな動画をアップしていきます。
チャンネル登録を宜しくお願いします。
https://www.youtube.com/user/pianofactoryVideo?feature=watch

◆LINE公式アカウント
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

怒濤の修理週間終了~

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取、音のバトンタッチ「OTOBATON」
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

今日は岡山市中区のお客様に良い音をお届けに!


あっというまに11月も明日で終わり、残すところあと1ヶ月・・・

毎年この時期は幼稚園関係(今は認定こども園)の調律が多く入る時期です。
今年は新規にお伺いした園もあり、修理の必要なピアノがかなりありました。

中のアクションだけをお預かりするので、ピアノを動かす必要はありませんが、平日はそのピアノも使用するわけで。
そのため、金曜日の園の終了後にお預かりして翌日の土曜日夕方に取付と調整というスケジュールしか組めません。

今回修理するピアノは合計9台。
修理内容といえば、これはY社系のピアノに多いのですが、フレンジコードという部品の断線。
断線というよりは腐食に近い感じです。
それに長年使用されていることによるハンマーの摩耗のファイリング作業。

金曜土曜で5台、今週4台。それにくわえて通常の業務や修理もあり、前もってスケジュールを組み、もうスタッフ総出でフル稼働です。

IMG_5402-(1).jpg
先週の修理5台のアクション+通常の修理分1台

IMG_5425.jpg
今週の4台+通常の修理分1台

IMG_5423.jpg
ハンマーひとつひとつをもちろん手作業で削り整形していきます・・・これが88個

IMG_5421.jpg

アクションをばらし、フレンジコードの張替を行ったのちに、またひとつひとつくみ上げていきます・・・これも88個

鍵盤の数だけ部品もありますので結構大変

またただくみ上げればいいわけではなくて、作業内容を細かく書いてもわかりにくいので簡単に言えばきちんとした動きが出ているかどうか。ハンマーが曲がっていたり、斜めに動いたり、そういうことを調整して行く作業がこの後にあります。

で・・・現場のピアノにアクションを戻して最終仕上げの調整。

スタッフの効率の良さと頑張りでなんとか乗り切れました^^


腰痛い・・・



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆youtube
ピアノファクトリーのyoutubeチャンネル「pianofactoryVideo」
いろいろな動画をアップしていきます。
チャンネル登録を宜しくお願いします。
https://www.youtube.com/user/pianofactoryVideo?feature=watch

◆LINE公式アカウント
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

修理金額の妥当性

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取、音のバトンタッチ「OTOBATON」
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は倉敷市のお客様に良い音をお届けに!


ここのところありがたいことに新規の調律のご依頼が増えてます。

そして時には技術的なお問い合わせをいただくことがあります。
他の調律師に見てもらって修理などの見積をされたあとに、お電話いただくケース。
いわゆるセカンドオピニオンのような。

「どうでしょうか?」って聞かれるのですが、正直わかりません。
実際にピアノの状態を見てないですから。

見てない状態で修理の正当性、金額の妥当性を聞かれても申し訳ないですが答えようがなくて。

―――――――――
●調律師は十人十色
―――――――――

定価のある商品ではなく、技術料は決まった価格はありません。
高いと感じるか、安いと感じるかいろいろですが、どこまでどのレベルでやるかの価格です。
調律師によってその価格も違いますので、調律師が10人いれば同じ価格はなく10通りの価格になります。

ピアノは鍵盤が88鍵あり、基本全てに同じ部品がついています(全鍵ではない部品もあります)。

一箇所がおかしい場合その一つだけを直すのか、他も同じ症状が出ると考えて全部直すのか。この違いでも修理金額は大きく異なります。

全体が同じように摩耗なり異常があれば全鍵直す必要はありますが、たまたま一つだけ異常があればその一つを直せばOKです。

お電話での問い合わせの場合、一般的には・・・といった説明はさせていただきますが、実際にその修理が必要かどうか、どこまでなおすかはピアノを見てみないと判断はできません。

―――――――――――――
●何のために直すのか?
―――――――――――――
10のレベルの修理だとして10やるとした場合の価格と、5しかしない場合の価格とを価格だけで判断してしまうと失敗します。
部品の交換が必要な場合、交換して終わりではなく、正しく動くか、きれいな音が出るようになるかなどの調整も必要ですので
調整のレベルが価格に反映されてきます。

ただ、これも見積りの提示としては「○○交換」といった一文になってしまうんです。
お客様からすれば「○○交換してもらうための価格」の比較になってしまいますが、どこまでするかのレベルの判断は調律師まかせです。修理が必要かどうかにもよりますけどね。

ピアノの内部の仕組みをほとんどの方はご存じありません。
だから、つい価格だけで判断してしまうのは仕方ないかもしれません。

壊れていれば直す、狂っていれば直すのが当然といえばそうですが、
「どういう方がどういう目的で弾かれるのか」
「ピアノに対する不満や要望」
そのために今すぐ必要な修理なのか、もう少し先でもいいのか。
そういった所も含めてピアノファクトリーではご提案させていただいています。

修理をされる前にご連絡いただければそういったことを踏まえてきちんと見積りさせていただきます。

IMG_4628.jpg




◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆youtube
ピアノファクトリーのyoutubeチャンネル「pianofactoryVideo」
いろいろな動画をアップしていきます。
チャンネル登録を宜しくお願いします。
https://www.youtube.com/user/pianofactoryVideo?feature=watch

◆LINE公式アカウント
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/