FC2ブログ

修理金額の妥当性

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取、音のバトンタッチ「OTOBATON」
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は倉敷市のお客様に良い音をお届けに!


ここのところありがたいことに新規の調律のご依頼が増えてます。

そして時には技術的なお問い合わせをいただくことがあります。
他の調律師に見てもらって修理などの見積をされたあとに、お電話いただくケース。
いわゆるセカンドオピニオンのような。

「どうでしょうか?」って聞かれるのですが、正直わかりません。
実際にピアノの状態を見てないですから。

見てない状態で修理の正当性、金額の妥当性を聞かれても申し訳ないですが答えようがなくて。

―――――――――
●調律師は十人十色
―――――――――

定価のある商品ではなく、技術料は決まった価格はありません。
高いと感じるか、安いと感じるかいろいろですが、どこまでどのレベルでやるかの価格です。
調律師によってその価格も違いますので、調律師が10人いれば同じ価格はなく10通りの価格になります。

ピアノは鍵盤が88鍵あり、基本全てに同じ部品がついています(全鍵ではない部品もあります)。

一箇所がおかしい場合その一つだけを直すのか、他も同じ症状が出ると考えて全部直すのか。この違いでも修理金額は大きく異なります。

全体が同じように摩耗なり異常があれば全鍵直す必要はありますが、たまたま一つだけ異常があればその一つを直せばOKです。

お電話での問い合わせの場合、一般的には・・・といった説明はさせていただきますが、実際にその修理が必要かどうか、どこまでなおすかはピアノを見てみないと判断はできません。

―――――――――――――
●何のために直すのか?
―――――――――――――
10のレベルの修理だとして10やるとした場合の価格と、5しかしない場合の価格とを価格だけで判断してしまうと失敗します。
部品の交換が必要な場合、交換して終わりではなく、正しく動くか、きれいな音が出るようになるかなどの調整も必要ですので
調整のレベルが価格に反映されてきます。

ただ、これも見積りの提示としては「○○交換」といった一文になってしまうんです。
お客様からすれば「○○交換してもらうための価格」の比較になってしまいますが、どこまでするかのレベルの判断は調律師まかせです。修理が必要かどうかにもよりますけどね。

ピアノの内部の仕組みをほとんどの方はご存じありません。
だから、つい価格だけで判断してしまうのは仕方ないかもしれません。

壊れていれば直す、狂っていれば直すのが当然といえばそうですが、
「どういう方がどういう目的で弾かれるのか」
「ピアノに対する不満や要望」
そのために今すぐ必要な修理なのか、もう少し先でもいいのか。
そういった所も含めてピアノファクトリーではご提案させていただいています。

修理をされる前にご連絡いただければそういったことを踏まえてきちんと見積りさせていただきます。

IMG_4628.jpg




◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆youtube
ピアノファクトリーのyoutubeチャンネル「pianofactoryVideo」
いろいろな動画をアップしていきます。
チャンネル登録を宜しくお願いします。
https://www.youtube.com/user/pianofactoryVideo?feature=watch

◆LINE公式アカウント
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

鍵盤のがたつき・・・虫食いが原因

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ「OTOBATON」
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は、吉備中央町のお客様へ良い音をお届けに!
そして、お客様からお預かりしているピアノのアクション修理です。
社内では鍵盤の修理中。


調律師の仕事はお客様宅にお伺いしてピアノの音を合わせるだけではありません。
お預かりして社内でする修理作業も大事な仕事です。

今しているのは鍵盤のブッシングクロスと呼ばれる部分の交換。

IMG_4605.jpg

IMG_4606.jpg

これは鍵盤の中央とフロントに貼られたクロスで、鍵盤がスムーズに動くかどうか、そしてがたつきを抑える大事な部分です。
今回は虫食いもあり鍵盤によってはこのクロスがほとんどなくなっているものもありました。

ピアノの修理、とにかく地味な作業が多いですね。
しかも88鍵あるため、同じ作業が88回^^;
さらにこのブッシングはフロントとバランスと一つの鍵盤に2箇所あるため、176回・・・

IMG_4604.jpg

IMG_4602.jpg

IMG_4601.jpg


古いクロスを剥がし、新しいクロスを貼り、余分な部分を切りとり、ピアノに取り付けて動きの確認と一つずつ調整。
176回の貼り替え以上に手間暇のかかる作業です。

でも、この作業は鍵盤タッチにも影響する非常に大事な作業です。

まず演奏者が触れるのが鍵盤。まずというより、演奏者は鍵盤しか触れることが出来ないわけで、そのタッチによっていろいろな音色をつくり出します。

ピアノの部品は約8,000個以上あり、そのうち鍵盤に関係する部品は約6,000個。
一つ一つの細かな調整によってピアノが素敵な音を奏でてくれます。

今回のような修理が必要でなくても、ピアノの鍵盤もしっかりと調整してもらってくださいね!
音の鳴りも変わってきますよ!



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

経験の積み重ねが大事

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ「OTOBATON」
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は、岡山市、赤磐市、そして瀬戸内市のお客様へ良い音をお届けに!


調律師の仕事は音を合わせるだけではありません。

整調、整音、修理・・・

基本は調律学校でも習いますが、そこはあくまで基本であって、一台一台現場での経験が必要です。(感性も大事ですが)


下の画像はハンマーのファイリング作業。

ハンマーは羊毛を圧縮したもので出来ており、長年弾かれたピアノのハンマーはその先端に弦の溝が深くついてしまいます。
これにより、綺麗な音色を奏でなくなったり、音量音質のつけにくいピアノになってしまいます。

ただ、このファイリングという作業・・・
ハンマーを削り弦溝を取り、下の新しい層を出すわけで、やり直しがききません!
削りすぎたらアウト!

元々の音色がどうなのか、その音色をどうしたいのか、どう削ればどう変わるのか・・・
そういったことをイメージしながら削っていきますが、その前にきちんと削れるということが大前提にあります。

この作業はとにかく経験が必要です。

ファイリング


この4月に入社した新人調律師の彼も今必死に練習中です。

作業に使用しているものは練習用のアクション・・・お客様のピアノではありません^^;
ファイリングをしてはそれを先輩がチェックし、更に直し、またファイリング。地味な作業ですがここが大事なんですよね。

一日も早い調律師デビューをめざして!



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

出荷調整前の修理

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ「OTOBATON」
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日はスタッフは総社市のお客様に良い音をお届けに!
私は、納品前のピアノの最終調整です!


「修理」 「出荷調整」
新品ピアノの場合はいわゆる「出荷調整」となりますが、中古ピアノの場合はまず「修理」からスタートします。

その修理の中で、特に昔のY社のピアノに多く見られるのが「フレンジコード」という部品の断線。
断線というよりほぼ腐食してしまっていることも多いのですが・・・。

文字での説明、なかなか難しくわかりにくいかもしれませんがご了承ください(^_^;

これは修理後の写真、緑色の部分が貼り替えたフレンジコードです。
DSCF4774_convert_2013033100.jpg

こちらは修理前、茶色く変色して切れているのがわかるかと思います。
DSCF4753_convert_2013033100.jpg


このフレンジコードが切れていると鍵盤を弾いたときのハンマーのコントロールが出来なくなり、特にピアニシモで弾いたときに思うような音量コントロールが出来なくなります。

また、そのコードが切れることにより、コードで止めてあるスプリングが跳ね上がり、奥の部品にあたってカチャカチャと雑音をだすケースもあります。

いずれにしても、ピアノの部品に不必要なものはないわけで、交換するしか方法はありません。


一枚目の写真でわかりますでしょうか?

フレンジコードはフレンジという部品についていて、これはネジによってセンターレールに取り付けられています。
フレンジにはバットという部品がついていて、これに弦を叩くハンマーという部品がついています。

交換方法も技術者によって違うようです。
フレンジを残してバットだけを外し修理する人。
フレンジごと外して修理をする人。

弊社では「フレンジごと外して修理」を行います。

デメリットとしてはハンマーも外すため弦にまたきちんと合うように調整も必要になってきますが、逆に言えばそれをするということはより細かな調整もすることになります。

ハンマーについた弦溝も綺麗にファイリングしてから行いますので、音色もより良くなります。
全体をばらすので、細かな掃除も出来ますしね。

DSCF4764_convert_20130331004342.jpg


一つ一つ丁寧に取付、その後調整に。
IMG_4118.jpg

一台一台良い音を目指して調整を行っています。
このピアノも出荷が決まっていて、今日で調整完了!
あとはお待ちいただいているお客様宅へお届けです^^

IMG_4187.jpg



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

調律師を変える理由

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は笠岡市、玉野市、そして広島県福山市のお客様に良い音をお届けに!


よく走った4日間でした~


香川県高松市をスタートして、愛媛県新居浜市、松山市。
一度岡山に戻り、翌日は神戸市長田区、北区、そして西脇市、川西市、伊丹市からの滋賀県長浜市。
その後京都府から奈良県。
で、今日の広島県福山市。

総走行距離は約1,500Km(笑)


調律だけではなく、年末の訪問もです。


よく、1月2月3月はあっという間に過ぎるといいますが、12月も本当に早い!
残すところあと一週間。

今年の振り返りはまた年末にするとして・・・。

12月に入って新規のお客様も何件もご依頼いただきました。
本当にありがとうございます。

特にお客様からのご紹介っていうのは本当に嬉しいですね!

-16_convert_20191223214349.jpg


明日も新しいお客様宅へお伺いいたします。

新規のお客様の場合、お伺いするまでにいろいろと考えてしまいます。

どういう状態のピアノか。
お客様の好みは。
弊社にご依頼いただいた理由は。

いろいろな理由があってご依頼いただくわけですが、今までの調律師で満足されていたとしたら、あえて調律師を変える必要はありません。

ということは、どこかに何か不満というか、違う人に頼む理由があるはずです。

しっかりとご満足いただける仕事をしてきたいと思います!



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/