FC2ブログ

ハンマー交換

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社、ベヒシュタインピアノ正規代理店です。
本日は総社市、赤磐市のお客様へ良い音をお届けに!


弦を叩いて音を出すハンマーという部品があります。
これは羊毛を圧縮したもので出来ていて、長年使用しているとハンマーの先端がどんどんと摩耗していき、弦の溝がフォークのように深くなってきます。
以前、本屋大賞を受賞した調律師の物語「羊と鋼の森」の羊がこの羊毛のハンマー、鋼が弦ですね。ちなみに森はピアノにいろいろ使われている木材からの表現だと思います。

ハンマーが下の写真のようになってしまうとただ弦を叩いて音を出すだけになり、綺麗な音色は出るはずもなく、ましてや音質の変化を付けることは不可能です。

1前_convert_20190704083150

2前_convert_20190704083222

3前_convert_20190704083251

4前_convert_20190704083314


通常であればファイリングという作業でハンマーを削り、中の新しい層を出すことによってハンマーの形を整形出来るのですが、今回はそれも厳しい状態まで深く溝がついていましたので、ハンマー交換となりました。

ハンマー部分だけの交換もありですが、グランドピアノでここまで使用されていると、ローラーという部品もかなり摩耗と変形をおこしています。
そこで今回はローラーの部分から丸ごと交換です。

1後_convert_20190704083210

2後_convert_20190704083233

3後_convert_20190704083304
4後_convert_20190704083324



ハンマー交換を行うと、整調のやりなおし、整音、かなり細かな作業が必要となります。
ピアノの調整には一応基準となる寸法があります。メーカーが設計段階で出している数字。
でもこれはあくまで新品の時点でのことであって、長年使用されたピアノはそれぞれの部品の摩擦や摩耗などいろいろな部分が変化しています。
修理を行う場合、元の寸法通りにしても合いません。
弾き心地や音の鳴り方を考えながら言ってみれば現物合わせですが、その場その場でそのピアノの状態から最適な調整寸法を見つけ出す。
ただ単にネジを外して交換すれば完成ではないところがピアノの奥深さの一つですね。


◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点等など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する