FC2ブログ

調律師の仕事って、音合わせだけじゃないんですよ

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は岡山市のお客様へ良い音をお届けに!


「調律お願いします」
「調律してもらった」
「毎年調律してます」

ほとんどの方がこの「調律」って言葉でひとくくりにしてしまいますよね。
「調律」してもらってるから大丈夫って。

ピアノ調律師っていうくらいですから、調律が一番の仕事といえなくもないですが、実はその仕事は細かく分かれます。


まず、一般的によく言う「調律」

調律

これは音程を合わせる作業です。
簡単に言えば、ドレミファソラシドをきちんとした音程に揃えること。綺麗な響きやハーモニーをつくります。



そしてその時のピアノの状態にもよりますが、狂いが大きければ調律の前にする作業が「整調」

整音


ピアノの内部機構「アクション」が正しく稼働するように調整を行います。
弾き心地を整える事はもちろんなのですが、この整調作業をすることにより綺麗な音を出すことができます。
鍵盤を弾く力をハンマーが弦を叩くパワーに変える重要な作業です。

ちなみに調整なのですが、なぜ整調と文字をひっくり返すのかわかりません(笑) そう習いました!



整調が出来、調律が終わり、その後に「整音」という作業があります。

調整


音程ではなく音色を整える作業です。
これにより、88鍵音色の揃った音色を出すことが出来ます。


大きく分ければこの3つが調律師の作業ですが、作業前の掃除であったり、部品の欠損や摩耗により修理が必要な場合もあります。

⇒ ピアノファクトリーの調律の作業工程


「調律」といっても、本当に調律だけなのか、それ以外の作業はどうなのか。
いくら音程をきちんと合わせたとしても、整調が狂っていたら弾き心地の良いタッチとは違ってきますし、整音がばらばらってこともあります。

ただ、毎年調律をしている場合、そのピアノの状態により整調や整音を一からすべてやりなおすわけではありません。
一年ピアノを使用されて、その間に狂ってきた部分、乱れが感じられる音を触る程度です。

もちろんその前提条件として、一度きちんと整調なり整音がされている場合はですが。

調律をしてもらっている時に、一度聞かれてみるのも良いかもしれませんね。



実家にあったピアノを持ってきて使いたい。

知り合いから譲ってもらえた。

長年調律をされていなかったピアノの場合、その内容によりかかる時間や金額も変わってきます。


ピアノってとりあえず鍵盤を弾けば音がなりますが、その音が正しいのかどうか、美しいのかどうかは別です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。



◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する