FC2ブログ

湿気もですが、乾燥にも注意を!

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取による音のバトンタッチ
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は岡山市、総社市のお客様に良い音をお届けに!


先日のブログで湿気について書きましたが、その続きを少し・・・。


ピアノはその内部が木、鉄、フェルト類で出来ているため温度や特に湿度の変化に対して敏感な楽器です。

適正な温度は15℃~25℃、湿度は40%~60%程度です。
人にとって心地の良い温度湿度がピアノにとっても良いということになります。

ピアノにとって大敵な湿気ですが、低すぎる湿度は木材に亀裂が生じる危険性があり、逆に高い湿度は木材、フェルト類の含水率を高め、カビが発生する場合もあり、金属部分の錆の原因にもなり、音質を悪くするばかりか内部の動きも悪くなり音が出なくなってしまうこともあります。

真冬に冷え切った部屋に暖房をかけ急激に室温が上がる、逆に真夏に暑い部屋でエアコンにより急激に室温を下げる。こうした急激な温度変化によりピアノ内部に異常な負担がかかります。

冬場には窓が結露すると同様にピアノの表面や内部にも結露がおこります。

結露は温かい空気が冷やされたとき、空気中の水蒸気が水分となり発生することで起こります。
最近は二重サッシにより外と室内の間に空気の層をつくることにより結露が起こりにくくなっていますが、ピアノはそのままです。

ピアノ内部の冷たい空気に対して室温が上がると、ピアノ表面、またピアノ内部にも結露が発生し、カビや錆、音の狂いが生じてしまいます。

977563.jpg


ピアノにとっては室内の温度湿度をある程度一定にすることが理想的ですが、現実的にはそれは難しく、室温を徐々に調整するのが良いと思います。エアコンや暖房(ファンヒーター等)の向きにも注意が必要です。
直接風がピアノに当たらないようにしてください。

また最近では床暖房によるピアノへの影響もあります。

床暖房はピアノの脚から熱が伝い、音や調整の狂い、木の過乾燥により木材の亀裂、塗装の割れなど悪影響があります。ピアノの下は床暖房をしないのが良いですが、部分的に床暖房を切れない場合は熱を防ぐものもありますので、それをピアノの下に設置すると効果的です。

1678387_convert_20191203190224.jpg

ピアノに湿気は良くない。乾燥してるから大丈夫。

ではなく、湿気ももちろんですが、過乾燥もピアノにとっては良くありません。

設置場所、環境などお気軽にお問い合わせください!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ZIP1912A5CS_convert_20191120093031.jpg

ZIPPERS Christmas Live!!

詳細はこちら!

●12月14日(土)Open 13:30 Start 14:00
 30名様限定で完全予約制です
●Fee 1,000円(未就学児は無料)
●会場:ピアノファクトリーショールーム

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆LINE@
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する