FC2ブログ

修理金額の妥当性

ようこそピアノファクトリーブログへ

岡山県にあるピアノ調律専門の会社
ピアノ買取、音のバトンタッチ「OTOBATON」
ベヒシュタインピアノ正規代理店です。

本日は倉敷市のお客様に良い音をお届けに!


ここのところありがたいことに新規の調律のご依頼が増えてます。

そして時には技術的なお問い合わせをいただくことがあります。
他の調律師に見てもらって修理などの見積をされたあとに、お電話いただくケース。
いわゆるセカンドオピニオンのような。

「どうでしょうか?」って聞かれるのですが、正直わかりません。
実際にピアノの状態を見てないですから。

見てない状態で修理の正当性、金額の妥当性を聞かれても申し訳ないですが答えようがなくて。

―――――――――
●調律師は十人十色
―――――――――

定価のある商品ではなく、技術料は決まった価格はありません。
高いと感じるか、安いと感じるかいろいろですが、どこまでどのレベルでやるかの価格です。
調律師によってその価格も違いますので、調律師が10人いれば同じ価格はなく10通りの価格になります。

ピアノは鍵盤が88鍵あり、基本全てに同じ部品がついています(全鍵ではない部品もあります)。

一箇所がおかしい場合その一つだけを直すのか、他も同じ症状が出ると考えて全部直すのか。この違いでも修理金額は大きく異なります。

全体が同じように摩耗なり異常があれば全鍵直す必要はありますが、たまたま一つだけ異常があればその一つを直せばOKです。

お電話での問い合わせの場合、一般的には・・・といった説明はさせていただきますが、実際にその修理が必要かどうか、どこまでなおすかはピアノを見てみないと判断はできません。

―――――――――――――
●何のために直すのか?
―――――――――――――
10のレベルの修理だとして10やるとした場合の価格と、5しかしない場合の価格とを価格だけで判断してしまうと失敗します。
部品の交換が必要な場合、交換して終わりではなく、正しく動くか、きれいな音が出るようになるかなどの調整も必要ですので
調整のレベルが価格に反映されてきます。

ただ、これも見積りの提示としては「○○交換」といった一文になってしまうんです。
お客様からすれば「○○交換してもらうための価格」の比較になってしまいますが、どこまでするかのレベルの判断は調律師まかせです。修理が必要かどうかにもよりますけどね。

ピアノの内部の仕組みをほとんどの方はご存じありません。
だから、つい価格だけで判断してしまうのは仕方ないかもしれません。

壊れていれば直す、狂っていれば直すのが当然といえばそうですが、
「どういう方がどういう目的で弾かれるのか」
「ピアノに対する不満や要望」
そのために今すぐ必要な修理なのか、もう少し先でもいいのか。
そういった所も含めてピアノファクトリーではご提案させていただいています。

修理をされる前にご連絡いただければそういったことを踏まえてきちんと見積りさせていただきます。

IMG_4628.jpg




◆弊社へのお問い合わせは今すぐこちらからどうぞ。
http://www.pianofactory.co.jp/contact/

◆公式ホームページはこちら
http://www.pianofactory.co.jp/

◆公式Facebookページ
Facebookに登録がなくてもご覧いただけます。
お気に入りに登録していただければ嬉しいです。
Facebookをされている方なら「いいね!」をしていただけるともっと嬉しいです。
https://www.facebook.com/pianofactory.inc/

◆公式インスタグラム
ピアノにまつわる写真を掲載しています。
https://www.instagram.com/piano_factory/

◆youtube
ピアノファクトリーのyoutubeチャンネル「pianofactoryVideo」
いろいろな動画をアップしていきます。
チャンネル登録を宜しくお願いします。
https://www.youtube.com/user/pianofactoryVideo?feature=watch

◆LINE公式アカウント
イベントや演奏会のご紹介などを中心に、
最新ピアノファクトリーニュースを配信いたします♪
また、個別対応も可能となっておりますので、調律などのご予約や、ちょっとピアノの気になる点など・・・是非お友達登録お待ちしてます。
https://page.line.me/pianofactory

◆FMくらしきレギュラーコーナー
Take me to the piano world ~私をピアノの世界に連れてって!~
毎月第2金曜日、15:30~ラジオ生放送!
インターネットサイマル放送でPC、スマホからもお聴きいただけます。
http://www.fmkurashiki.com/

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する